イソフラボンのすごい効果を知ってる?知れば知るほど優秀な成分だった

大豆等の食べ物に含まれているイソフラボンには様々な効果があります。サプリメントを購入する上でどんな成分が配合されているかをチェックするのではないでしょうか?イソフラボンもその内の一つで日頃抱えている悩みを解決します。

知っているようで知らないイソフラボンのあれこれ。その詳細をしっかりと理解しよう

イソフラボンは健康に良いというのは漠然と理解していると思います。ですが、具体的な効果はと聞かれたらキチンと答えられるでしょうか?今回はイソフラボンの優れた効果に密着していきます。

イソフラボンってどんなもの?

イソフラボンとはどういうものか一から紹介していきます。ある程度知ってるという方も曖昧な部分を見直して頂けたらなと思います。

そもそもイソフラボンてなに?

イソフラボンは大豆に含まれているポリフェノールです。

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをする

女性ホルモンのエストロゲンに似たような効果を持っており、生活習慣病や更年期障害といった多くの女性の悩みにアプローチできる事で注目されています。

「イソフラボン」と「大豆イソフラボン」って違うの?

イソフラボンには葛に含まれているゲニステイン、プラエリアという植物に含まれているダイゼインといったものが存在しており、大豆イソフラボンは大豆の胚芽に含まれているもので微妙に違ってきます。ですが、イソフラボンと言えば大豆イソフラボンの事を指す事が多いです。

イソフラボンの適正摂取量が知りたい

イソフラボンはどのくらい摂取したらいいの?と疑問に感じている方も少なくないと思います。

1日の適正摂取量は

イソフラボンの1日の適性摂取量は70~75mgと内閣府の食品安全委員会が発表しています。豆腐1丁、納豆2パックくらいが目安になってきます。

妊婦は摂取しても大丈夫?

妊娠中も1日70~75mgを守り、食事以外から必要以上に摂取するとホルモンバランスが崩れて胎児の発育を阻害する可能性があります。

子供にも積極的に摂取させるべき?

子供の場合でも豆腐や納豆を食べさせ、1日の必要摂取量を満たす事が大切です。イソフラボン以外にも優れた栄養素が含まれています。妊婦の場合と同様に過剰に摂取するのは控えた方が良いです。

イソフラボンの効果って男女ともにある?

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きというけど、男性にも効果があるの?と疑問に感じたりしませんか?ここでは、イソフラボンの効果を説明し、その疑問をスッキリさせます。

①:老若男女に効果あり!!

イソフラボンはホルモンバランスを整えるのに働くため、男女共に効果がある成分となっています。なので、男女共に摂取していくのをおすすめします。

②:男性特有の効果も

男性ホルモンのアンドロゲンの分泌が過剰にならないようにし、前立腺がんの予防に働きます。

③:女性特有の効果も

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、生理の安定や美肌効果といったものが期待できます。

 

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

①:老若男女に現れる効果

生活習慣病の予防

抗酸化作用を持っているため、動脈硬化等の生活習慣病を予防します。これにより、心筋梗塞や脳卒中といった死亡率の高い病気を発症するリスクを軽減してくれるので必見です。

自律神経を整え快眠へと導く

自律神経を安定させ、体をリラックスする効果を持っています。メラトニンの量を増やし、質の良い睡眠を促してくれます。

更年期障害の症状を緩和

エストロゲンの分泌が促進される事でイライラや肩こりといった更年期障害の症状を改善する効果があります。

コレステロール値の改善

コレステロール値が増加するのを抑え、動脈硬化等の生活習慣病を予防します。

骨粗しょう症を予防

骨に含まれているカルシウムが溶け出さないようにし、骨粗鬆症にならないようにします。エストロゲンの分泌が低下する事により、骨折するケースもあります。

ホルモンバランスを整える

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整え、ニキビやがんの予防に繋がります。

②:男性特有の効果

前立腺がんの予防

男性ホルモンであるアンドロゲンの過剰分泌を抑え、前立腺がんを予防する効果を持っています。

抜け毛対策と育毛効果

男性ホルモンの分泌を抑えるため、抜け毛を予防し、育毛効果が期待できると言われています。この辺りも男性がイソフラボンを摂取するのを勧められる理由です。

③:女性特有の効果

バストアップ効果

イソフラボンが乳腺を増やし、乳房の脂肪の量が増えます。これにより、バストアップに繋がります。

アンチエイジング効果

コラーゲンやヒアルロン酸といった肌の潤いに関する成分の生成をサポートします。また、強力な抗酸化作用を持っていることからシワやシミ等を防ぎ、アンチエイジングにも効果的です。

生理痛の緩和

生理の周期を整え、生理痛を軽減する効果を持っています。

基礎代謝の向上

脂肪燃焼を促進し、基礎代謝を底上げしてくれます。

便秘の改善

悪玉菌を抑制し、善玉菌を増加させる効果を持っています。これにより、腸内環境が整い、便秘を改善してくれます。

老廃物の排出やむくみ解消

腸内環境が整う事により、老廃物が排出されたり、生理の周期が改善される事でむくみの解消に繋がったりします。

ダイエット効果

脂肪燃焼が活発になる事でダイエット効果も期待できます。

イソフラボンを多く含む食品

イソフラボンが豊富な食品を紹介します。

豆腐・油揚げ・豆乳

豆腐1丁で80mg、油揚げ1枚で12mg、豆乳1杯で41mg含まれていると言われています。

納豆

1パック36mg含まれています。

きな粉

大さじ2杯で19mg含まれています。

味噌

味噌汁一杯当たり6mg含まれています。

優秀なイソフラボンの効率的な摂取方法

イソフラボンを効率よく摂取する方法を紹介します。

おすすめはサプリメントからの摂取

サプリメントで効率よくイソフラボンを摂取するのがおすすめです。その際、普段の食事と合わせて70~75mgを超さないようにします。

くれぐれも過剰摂取には気を付けて!!

イソフラボンを摂取し過ぎるとどうなるか説明します。

乳がんのリスクが高まることも

乳がんは女性ホルモンの分泌量が多い程、リスクが高くなります。そのため、イソフラボンの摂取量が過剰だと乳がんになる可能性が出てきます。そうでなくても、前述のように胎児の発育に影響を与えたりするので過剰摂取は控えるべきです。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまう

女性ホルモンのバランスを崩してしまう可能性があります。それにより、乳がんのリスクが出たりします。

胃腸の調子が悪くなる

腸内環境を整える効果を持っていますが、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうと逆に胃腸の調子が悪くなる場合があります。

適正量を守って体の体調を整えよう

イソフラボンは体の調子を整えるのに優れた栄養素です。ですが、過剰に摂取すると逆効果になってしまうので、適性摂取量を守っていく事が大事になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です