グリチルリチン酸ジカリウムは効果あり?ステアリルとの違いも知りたい

グリチルリチン酸(ジカカリウム・ステアリル)という表記を見かけたことありませんか?ニキビケア用の化粧品について調べているとよく目にすると思います。果たしてニキビへの効果があるものなのか、調べてまとめてみました。

グリチルリチン酸とは

グリチルリチン酸はニキビケアをうたった化粧品に含まれていることが多い成分で、グリチルリチン酸二カリウム(2K)とかグリチルリチン酸ジカリウムなどと表記されることもあります。表記が違ってもすべて同じ成分です。

どんな成分?

漢方の甘草から抽出

漢方でよく使われている甘草の根っこから抽出される成分がおおもとです。

化学合成でジカリウム(2K)やステアリルに

甘草から抽出した成分を精製することで、グリチルリチン酸2Kになり、酸でさらに分解して得られるのがステアリルになります。グリチルリチン2Kに比べると、ステアリルは抗炎症作用がさらに高くなっています。

どのような効果?

抗炎症作用

抗炎症作用により、皮膚の炎症を止める作用があります。皮膚のトラブルにグリチルリチン酸自カリウムがよく使われる理由がこれです。

抗アレルギー作用

アレルギー反応を抑える効果もあるので、アレルギーによって荒れてしまった肌を鎮めることにも役立ちます。

ニキビへの効果は?

炎症の起きている赤ニキビに

抗炎症作用があるため、ニキビの中でも炎症が起きている赤ニキビに対する効果が高いです。赤ニキビは炎症を鎮めることが治療の第一歩になるので、抗炎症作用は必須です。

殺菌作用はない

勘違いしやすいポイントですが、グリチルリチン酸ジカリウムには殺菌作用はありません。ニキビケア化粧品には、グリチルリチン酸ジカリウム以外の成分が殺菌作用のため別に加えられています。

ジカリウムとステアリルの違い

生成過程の違い

ジカリウムはグリチルリチン酸を精製して得られるもの、ステアリルはグリチルリチン酸をさらに酸によって分解して得られたものです。

ステアリルの方が作用が強い

ステアリルのほうが、ジカリウムよりも抗炎症作用が高いです。ジカリウムのほうが効き目が優しくマイルドとも言えますね。

副作用は?

肌に強い副作用はない

肌に塗って使用する場合、通常は強い副作用はほとんどありません。さまざまな製品に含まれている成分なので、強い副作用がないのも当然といえば当然ですね。

経口摂取では重い副作用も

内服で使用する場合、摂取量が多いと副作用が発生することがあります。偽アルドステロン症といって、高血圧・むくみなどの症状です。1日の摂取量がグリチルリチン酸では40mg、甘草としての場合は1gを超える場合、医薬品では使用上の注意として文書に記載されます。

配合されている薬や化粧品

ルナメアAC

アスタリフトでも有名な富士フィルムが販売しているニキビケア用の化粧品がルナメアACです。富士フィルムもすっかり化粧品でもおなじみの存在になりました。ルナメアACは富士フィルムがフィルム事業で培ってきた技術「ナノ化」により、ニキビ有効成分とうるおい成分がニキビに直接届いて集中ケアしてくれます。

 

ルナメアACに含まれているのはステアリルで、対象アイテムは化粧水とジェルクリームです。ただし独自の技術によってステアリルをナノ化し、3つのうるおい成分と混ぜた「アクネシューター」として、中に配合されているのが特徴的。

オルビスクリアシリーズ

ニキビケアで有名な化粧品として、オルビスクリアシリーズもおなじみのブランドですね。ニキビの原因はさまざまですが、女性の周期に注目して開発された化粧品です。生理前にできるニキビ、同じ場所に現れては消えるを繰り返すニキビに効果的とされています。オルビスの調べによると、このような症状は、実に女性の10人に8人が悩んでいるとのこと。女性特有の肌トラブル・ニキビには心強い化粧品ですね。

 

オルビスクリアシリーズに含まれているのは、グリチルリチン酸ジカリウムです。すでにできてしまったニキビの悪化を食い止めるために配合されていて、肌への刺激を少なくしながらケアしてくれます。オルビスクリアシリーズにはジカリウムの他、肌のバリア機能を高める紫根エキス、高保湿成分であるコラーゲン・トリペプチドfなども含まれています。

グリチルリチン酸は穏やかに炎症を抑える!

化粧品や医薬品で広く利用されているグリチルリチン酸とは、漢方でもおなじみの甘草から抽出した成分です。精製してグリチルリチン酸ジカリウム、酸で分解して得られるのがステアリルです。抗炎症作用・抗アレルギー作用があるので、赤ニキビなどに効果的。ジカリウムはステアリルより効き目が穏やかという違いはありますが、もともとは同じ植物から得られる成分です。

 

ジカリウムはオルビスクリアシリーズ、ステアリルはルナメアACなどに含まれています。人気のある化粧品にも含まれているほどなので、肌に塗る通常の使用であれば副作用の問題はほぼない成分です。ニキビケアの強い味方として活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です