サリチル酸とはニキビに効く有効成分!副作用には要注意

サリチル酸は、ニキビ治療薬のサリチル酸軟膏として皮膚科でよく使われ、ニキビケアの化粧品などに表示指定成分として含まれます。他には、湿布など消炎鎮痛剤、防腐剤として一般的に広く知られています。「酸」ですので、刺激があり副作用には注意が必要です。

 

サリチル酸とは

サリチル酸は、合成された有機化合物の一つです。医薬品にも使われ、化粧品では、表示指定成分として表示されています。殺菌効果が強く、炎症を抑制する効果がありますが、肌への刺激が強く出てしまうことがあるので慎重に使用することが重要です。

 

ニキビへの効果

この2つの作用は、ニキビ対策には欠かせません。

 

角質柔軟作用

サリチル酸には、角質を柔らかくする角質柔軟作用の働きがあります。

殺菌作用

ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を押さえる殺菌作用の働きがあります。

この2つの作用は、ニキビ対策には欠かせません。

どんなニキビに効く?

ニキビは、ターンオーバーがうまく行かないために角質が厚くなり、剥がれ落ちずに毛穴詰まりを起こしてしまうのが原因です。炎症が進むと赤く腫れてしまい、後に跡に残ってしまうことも。

 

思春期ニキビ

サリチル酸は、ターンオーバーを促すので、成長ホルモンの分泌が盛んな思春期ニキビに効果があります。成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されてしまうことがニキビに繋がります。過剰に分泌された皮脂をサリチル酸を含む化粧品、ピーリング等でお手入れをすると改善が見込めます。

 

軽度のニキビ

 

大人ニキビの中でも軽度ニキビにとても効果的です。古くなった角質がたまった状態の毛穴詰まりや白ニキビなどの軽度ニキビは、ニキビを進行させないためにも角質柔軟作用、殺菌作用が有効です。炎症が進んでしまったニキビや顔全体など広い範囲のニキビの場合は、専門医に診てもらうことをおすすめします。

 

ニキビの再発防止、跡を残さないのためにも細やかなケアは、ニキビ予防・対策の近道です。

サリチル酸が含まれニキビに有効なケアが出来る代表的な化粧品をご紹介します。

配合されているケア商品

プロアクティブ+

http://proactiv.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=ppc_br&utm_campaign=official&pscd=000000&reid=1972851176

ニキビケアでNo.1の人気を誇るプロアクティブ。朝と夜、スリーステップでのしっかりとしたお手入れが好評。ニキビに効果的なサリチル酸だけでなく肌に優しい植物成分配合です。

 

ずっと使っていて、じわじわと良さがわかってくる。べとべとでもなく、乾燥もせず、そしてなによりニキビができない。

(引用元:Amazon

 

DHCアクネコントロールローション

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22229

 

化粧品、サプリメント大手のDHC。天然成分とサリチル酸配合のふきとり化粧水。アルコールを使用していないのでお肌の負担がより少ないのは嬉しいですね。肌をいたわりながらのニキビケアが実現しそう。

 

少しずつニキビが沈静化してきました。続けようと思います。

(引用元:Amazon

処方薬サリチル酸ワセリン

「スピール膏M」のジェネリック薬品がサリチル酸ワセリンです。スピール軟Mの方がサリチル酸ワセリンよりもサリチル酸の濃度が高いですが、サリチル酸ワセリンの方がワセリンの含有量が多く保湿に優れているため、安全性が高いと言えます。ニキビに乾燥は大敵なので、ワセリンでしっかりと乾燥予防をすることが出来ます。

ケミカルピーリングでも使われる

ピーリングとは

サリチル酸などの酸性薬剤を皮膚に塗布して、ターンオーバーを促します。ターンオーバーを促すことで余分な角質を取り除き、毛穴詰まりを防ぎます。そうすると、肌が正常なサイクルで再生出来るようになります。

値段や行う頻度

自分自身で行うホームピーリング、エステサロン、皮膚科、美容外科によりますが、薬剤を使うので正しい知識を持った医師のもとで行うのが理想的と言えます。肌のコンディション、使う薬液の濃度によって頻度は変わっていきますが、10回程度が目安です。肌が生まれ変わるサイクルに合わせ、1回目のピーリングをして肌が落ち着いてから2回目のピーリングを行うのが一般的です。料金は1回10000円からとなっている医院が多いです。

 

ニキビ跡に効く?

クレーター状に肌が凹んでしまっている場合は、残念ながら効果を得るのは厳しいです。浅いものであれば、ニキビ跡周辺の細胞にも再生を促すことが出来るので、なめらかな肌へ戻すことが期待出来ます。

気になる副作用

刺激が強い

サリチル酸は、効果が期待出来る分、「酸」なので刺激が強く出てしまうことがあります。副作用の症状としては、赤み、かゆみ、ただれ、強い痛みなどです。このような症状が現れた場合には、使用をすぐに中止し医師にかかるか、相談をしましょう。

乾燥する

一時的に肌のバリア機能をうばってしまうので、肌がより乾燥しやすくなってしまいます。乾燥は、ニキビの大敵です。

敏感肌には不向き

上記にも書きましたが、肌が乾燥しやすい状態になってしまうために乾燥肌や敏感肌の方には不向きと言えます。

 

また、催奇性の報告があるため、妊娠中の使用は控えましょう。

肌の状態に合わせて安全安心な使い方を

サリチル酸は、思春期ニキビ、軽度ニキビへの効果が期待出来ます。サリチル酸ワセリンを使用する際は、用法用量をよく守って使用して下さい。 サリチル酸が配合されているケア商品を日々のお手入れに取り入れてみるのはいかがでしょうか。日々のケアでもなかなかニキビが治まらない場合は、ケミカルピーリングを行っている皮膚科、美容外科へ相談してみるのも美肌への近道です。副作用をよく知り安全安心な使い方でニキビのない肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です